眼科 小児眼科 あさかわ眼科 縁内障 東京都三鷹市 吉祥寺 あさかわ眼科 眼科 小児眼科 あさかわ眼科 縁内障 東京都三鷹市 吉祥寺
Q&A
糖尿病
糖尿病と診断されました。どんなことに注意したら良いですか?
糖尿病と診断されてから5年以上経過すると、その間の血糖値の高低にもよりますが、眼に糖尿病による悪影響が加わってくるものと考えられます。白内障の発症が早まる、あるいは網膜に出血や浮腫、血管の増殖をおこす糖尿病網膜症になる恐れがあります。糖尿病と診断されたら、内科的治療が必要となることは勿論ですが、併せて眼の健康にも気を配りましょう。
糖尿病網膜症(とうにょうびょう・もうまくしょう)ってどんな病気ですか?
糖尿病網膜症は、糖尿病によって網膜から出血をしたり、網膜が腫れたり、場合によってはひどい出血から失明につながる危険性がある病気です。病初期は自覚症状に乏しいために、目の治療が手後れになる例もあります。内科や眼科で糖尿病網膜症を指摘された際には、眼科で定期的な診察を受けることが非常に大切です。
白内障・緑内障
白内障はどのような症状がありますか?どんな治療をするのですか?
「目がかすむ」「ぼやける」「まぶしい」「街灯や蛍光灯の周りに虹がかかる」「お月様が二重三重に見える」「天気によって見え方が違う」「1日のうちに見え方が変る」「中年以降に近視が進んだ」などです。一旦、濁ってしまった水晶体をもとの透明な状態に戻す治療法はありません。白内障の最終的な治療は手術です。これによって濁った水晶体を取り除き、水晶体の代わりとして眼内レンズを入れます。もう少し詳しく説明すると、水晶体はちょうどぶどうの実のようなものであって、手術によって中身を取り除き、ぶどうの実の袋の部分(水晶体嚢と呼びます)は残しておきます。そして残った嚢の中に眼内レンズを入れて固定します。手術が必要となる以前の段階では、点眼薬や内服薬を処方することもありますが、これらは水晶体の混濁の進行を遅らせることが目的であって、もとの透明な水晶体に戻すことではありません。
白内障と緑内障はどう違うのですか?
外界からの光は角膜、前房、瞳孔(ひとみ)、水晶体、硝子体を通り、網膜(ここがカメラでいうとフィルムの部分で、光を感じ取ります)に映り、その情報が視神経を介して脳に伝わり、認識されます (ものが見えます)。白内障とは水晶体が濁る病気です。水晶体が濁ると外界から入ってきた光線が散乱して網膜に結像しにくくなるために視力が低下します。老人性白内障は老眼と同様に眼の老化によるもので、誰でもいずれなります。網膜や視神経が犯されるわけではないので失明すること(真っ暗になること)はありませんが、一度濁ってしまった水晶体は、目薬などで、もとの透明な状態に戻ることはありません。治すには手術で濁った水晶体を取り除いてしまうしかありません。

これに対して、緑内障とは視神経が次第に萎縮し、視野欠損が生じ、続いて視力が低下し、最終的には失明する危険性がある病気です。原因は眼圧の上昇や視神経の血流障害などがあげられます。一度萎縮した視神経は回復しないので、緑内障による視野欠損や視力低下などの視機能低下は非可逆的(もとにもどらない)ですが、眼圧を下げることにより、視神経萎縮の進行を抑制あるいは停止させられると考えられています。
したがって緑内障の治療は、眼圧を下げるための点眼療法や手術療法を行うことであり、視神経障害の進行を予防することが主な目的となります。
緑内障ってなんですか?
何らかの原因で視神経が障害され、視野(見える範囲)が狭くなっていく病気です。
原因の代表的なものは眼圧(眼の中の圧力)の上昇です。他にも視神経の血流障害などが原因としてあげられています。緑内障には急性のものと慢性のものがあります。急性緑内障では、眼圧が急激に上がるため、眼の痛みや激しい頭痛、嘔吐などが起こります。それに対して慢性緑内障では初期には何ら自覚症状がありません。そして慢性緑内障の方が圧倒的に数は多く、本人も気がつかないうちに病状が進んでいることも少なくありません。